2015.07.03
  • へ~
  • 脱毛

脱毛の施術時間について、ご紹介します!

脱毛時間

脱毛するのはいいけど、毎回どれくらい時間がかかるものなのか、全然わからない!
もし、毎回毎回すごーく時間がかかって、すごーく痛いんだったら…想像だけでココロが折れそう…。

そんなあなたに、各部位の施術時間についてまとめてみました。参考にしてみてください。

脱毛の完了期間についてはこちらから>>

各部位の施術時間は誰でも同じ?

残念ながら、脱毛希望者全員が、同じ施術時間にはなりません

毛周期だけでなく、毛の生え方や濃さ、太さも関係するので、成長期にタイミングを合わせて、効果の高い毛を狙っていったとしても、個人差は出てしまいます。
毛周期とは?>>

痛みを感じたときに、身体をよじったり、一度照射を止めたりすることで施術時間が長引くこともあります。

また、クリニックの医療用レーザーは、サロンの光脱毛に比べると、パワーが強い分、照射範囲が狭くなるので、時間を比べたときには、医療用レーザーのほうが施術時間は少し長めになる場合もあります。

ただ、最新の医療脱毛機は、以前に比べて、ずっと照射範囲が広くなっています。

例えば、人気の最新脱毛機「ライトシェアデュエット」は、なんと今までの脱毛機に比べて、照射範囲が5倍!これによって、従来に比べて施術時間も3分の1にまで短縮されました。

脱毛したいけど、スケジュール的にも、所要時間が気になっちゃう、という人は、「ライトシェアデュエット」を導入しているクリニックを選ぶと良いかもしれませんね。
脱毛機についてはこちらへ>>

ちなみに、施術時間の個人差があまり無いのは、ワックス脱毛です。
ワックスを塗って、毛と一緒に引きはがすので、所要時間も極めて短いものです。

時間制で、10分1,000円ワックス脱毛というサロンもあるくらいです。
急がないと間に合わない!なんて時の脱毛処理には、ありがたいですね。

ただし!もちろん一瞬のものすごい痛みはあるので気をつけて下さいね。

各部位の施術時間について

各部位の平均的な時間をご紹介します。
しかし、機械や個人差によってお時間は変わってきますので、あくまで平均的な時間としてお考え下さい。

両わき脱毛…10分程度。

ただ、サロンによっては、3分で終了!なんてところも。これはちょっと早すぎるのでは…とも思われますが、光脱毛は照射範囲がかなり広いので、毛の状態によっては、短時間で終了することもあるのです。

VIOライン…10分~20分程度。

Vラインが10~20分程度。個人差が特に大きい部位ですが、痛みが強い箇所でもあるので、あまり長時間の照射は避けるようです。

Iライン10~20分程度。特に痛みが強く、部位そのものの範囲は狭いのですが、デリケートな部分なので施術も他の部位以上に慎重に行われます。

恥ずかしさもあって、身体をよじってしまいがちですが、リラックスして、スタッフさんにお任せしましょう。

Oラインが10分程度。肛門周り2センチ程度の狭い範囲なので、施術に時間はかかりません。

両ひざ下…30~45分程度

自分でカミソリで処理すると、前面をザーッとなぞって、後ろは何となく、だったりしますよね。

これだと所要時間は両足で10分くらい。だから、妙に時間がかかるように思えるかもしれませんが、表には比較的濃い毛が、裏には比較的細くて薄い毛が生えているため、照射が厄介な部分でもあります。

また、すねは肉が薄いため、特に足が細い人や筋肉質の人は、脱毛機によっては照射しにくいことがあります。
目立つ部分だけに、丁寧な施術が必要な部位なんですね。

両ひじ下…20分程度

手首やヒジの関節部分に痛みを感じることもありますが、全体的には痛みが少ない部位なので、施術もスムーズに進みます。

ただ、日焼けしやすい部位なので、夏に限らず、肌状態によっては、脱毛できないこともあります。肌ケアを考えても、日頃からひじ下の日焼けは避けるようにしましょう

各部位の施術時間についてまとめてみましたが、やはり、個人差があるということを忘れずに!

まとめ~脱毛は余裕をもって~

施術時間がかかることは、決して悪いことではなく、むしろ急いで処理してもらっては、照射モレになることも。これでは二度手間、かえって時間がかかってしまう結果になります。

また、施術以外にも着替えや冷却などにも、当然時間が必要ですし、いつも同じ所要時間とは限りません。

せっかくキレイになるために脱毛するんですから、あくせくするのは禁物。ココロもゆったり、余裕を持って施術を受けるようにしましょうね。

【あわせて読みたいオススメ記事】

▶私が実践した失敗しない医療レーザー脱毛の選び方【長文】

▶脱毛に使用される機械によって、クリニック毎に様々な違いがあります!