2017.07.10
  • ファッション

基本のワードローブ!極論これだけあればおしゃれに生きていける!

 

お店のディスプレイや雑誌のオシャレなコーディネートを見ると、つい気になってしまうのが女性の性。

でも実は、そうした性こそ女性をオシャレ下手にしているのかもしれませんよ…

あまり深く考えずに買った結果、タンスはパンパンなのになぜか「着る服がない…」なんてことがよくありませんか?

ここでは、流行を知る以前に知っておくべき「基本のワードローブ」を紹介します。

時代に左右されない定番のオシャレ術を身に着けた女性は、本当にかっこよく見えるものです。

ワードローブって何?

なんとな~く使っている人も多い”ワードローブ”という言葉。

”衣装ダンス、衣裳部屋の意味。衣装ダンスから派生してその人の持っている衣装または衣装の組み合わせのことを言う。

ファッションスタイルを完成させるために必要なアイテムを指す場合もあり、コレクションやコーディネートを完成させる衣服の数々、という意味で使用されることがある。”

―ファッションプレス (https://www.fashion-press.net)より引用

「衣装ダンスということはつまり、私の持っている服のこと」という風に意味が変化したのでしょうね。

さて、「ワードローブ」の意味が分かったところで、本題に移ります。

 

これだけあれば大丈夫!基本のワードローブ

どんなオシャレ着よりも、まずはこれだけあれば着こなせる!という服を紹介します。

極論、これだけ持っていればオシャレのベースが整います

 

①ジャケット

 

ジャケット選びのポイントは、顔幅とのバランス。

顔幅を1とすると、右肩幅と左肩幅もそれぞれ1になるようなバランスのジャケットを選びましょう。

最近はさっと羽織れるような柔らかい素材の着心地がいいジャケットもありますよ。

タイトなスカートやズボンにはもちろんですが、ジーンズやふわっとしたスカートにも簡単に合わせられます。

 

②黒のワンピース

 

とりたてて特徴のない、ベーシックなデザインの黒ワンピースが良いでしょう。

小物次第で、オン・オフどちらのシーンにも合わせることができます。

 

③シャツ

 

シルエットの美しい、定番クラシカルなシャツを。

コーディネートしやすいよう、無難な色を選びたいところです。

 

④トレンチコート

 

ベージュが基本のカラー。長さはひざ丈で、肩幅はジャストフィットするものを。

ゆったり感のあるものよりも、少々きつめのものだとスタイルが素敵に見えますよ。

スカートに合わせてもパンツに合わせても違和感がないですし、前を開けたりベルトを縛ったり、さまざまな着こなしができる万能さがあります。

 

 

⑤ドレスパンツ

 

http://www.nissen.co.jp
 

フォーマル・カジュアル色々な時に使える便利なアイテムです。

ストライプの柄やてろっとした素材のものが良く売られていますよね。

 

⑥スカート

 

普段はパンツルックの人でも、定番デザインのシンプルなスカートを一着は持っていたほうが良いでしょう。

例えば、黒のペンシルスカートならビジネスではもちろん結婚式などのフォーマルな場でも使えます

⑦トップス

 

どんなシーンに着用しても不自然ではないトップスを。

デザインは、シンプル中のシンプルが無難です。

⑧ジーンズ

 

ジーンズは、どんな服装にも、どんなカラーにも合わせられます。

サイズの合ったものが一本あれば何かと便利です。

カジュアルと思われがちですが、パンプスやブラウスと合わせると案外気品あふれるスタイルになります。

 

⑨リラックスウェア

 

自宅用のリラックスウェアもワードローブの一つに。

着心地重視で良いのですが、いつ何時来客があるか分からないので、洗練された定番デザインをお勧めします。

 

ワードローブに小物を付けるだけでグッとオシャレ度アップ!

ご紹介したワードローブだけでは、洗練された印象を与えるにしても、必ずしもオシャレとは言えません。

ワードローブをベースにしつつ小物を身に着けることで、オシャレ度がグッと上がります。

以下の小物をうまく扱えるようになれば、もう外着で悩むことはないでしょう。

 

①ゴールド、またはシルバーのアクセサリー

 

メタル系のアクセサリーは、色を統一することがポイント

全身の中にゴールドとシルバーを混在させないようにしましょう。

 

②バッグ3種類 ~大・中・小~

 

トートバッグ(大)、ショルダーバッグ(中)、手さげバッグ(小)を、各1つずつ。

季節性がないデザイン(ファーやかごバッグはNG)のものを選びましょう。

 

③ストール、マフラー

 

挿し色として、ストールとマフラーを複数持っておきます。

色が違うもの、素材が違うものを用意しておきましょう。

 

④大判ストール

 

巻き方次第で、小さなアクセントにもでき、大胆に変化させることもできます。

肩から羽織るだけでもグッと大人の女性の印象になります。

 

⑤柄スカーフ

 

柄スカーフは使い勝手の良いオシャレアイテム。

首に巻いたり、ベルトにしたり、髪を留めたり、バッグの持ち手に巻くなどして、色々なアレンジを気軽に楽しめます。

 

断捨離・引越しがワードローブ路線に切り替えるチャンス

 

服はたくさん持っているのに、何を着たら良いのか分からないという人もいます。

流行を追えば追うほど着る服がなくなっていくなんて、本末転倒です。

まずは基本のワードローブを着こなせるようになりましょう。

その視点から改めて流行を眺めてみれば、きっと今までとはファッションの世界が違って見えてきますよ。

断捨離を決意したり引越しが決まったりしたときが、ワードローブ路線にチェンジする絶好のチャンス。

まずは不要な服をいさぎよく処分してしまいましょう!


関連記事