2018.06.07
  • スキンケア

さあ、すぐに目の下のクマとおさらばしよう!気になる改善方法とは?!

 

鏡をふと見ると、目に入りやすい目の下のクマ

目の下のクマがあることで、相手からは良い印象は持たれません。
むしろ、体調が悪そうに見えたり、老けたように見られてしまいがちです。

目の下のクマにも種類がいくつかありますが、あなたのクマは何色でしょうか?

目の下のクマがあると表情が暗く見えたりするので気になるのであれば改善する必要があります。

今回は目の下のクマについて簡単なセルフケアからオススメの美容クリニックをご紹介いたします。

目の下のクマの種類

目の下のクマの種類は4種類です。

青クマ 
血行不良によるクマが青クマ。
パソコンやスマホが手放せなくなった現代社会において、この青クマになっている人が多いのでは?

対策
パソコンやスマホ画面から離れ、意識的に目を休ませることを心掛けましょう。
血行不良なので、目元を蒸しタオルなどで暖めて血流をよくし、保湿を行いましょう。目元をマッサージするのも効果的です。

茶クマ
シミやくすみ、色素沈着によるクマが茶クマ。
紫外線から受けたダメージや、目のこすり過ぎで、メラニン色素が沈着します。

女性は特に化粧をとる際、皮膚への刺激を与えてしまいます。

対策
紫外線対策をしっかり行い、化粧落としも刺激が少ないのを選ぶとよいでしょう。
石鹸で落ちるタイプの化粧品を使用すると、肌へのダメージを最小限に抑えることも可能です。

黒クマ
加齢によるたるみが原因で起こるのが黒クマ。
目周りの筋肉を支えてる眼輪筋が加齢とともに緩く弱まり、目の下にある脂肪が押し出され、たるみとして表面に出現してきます。そのたるみよって影ができてしまい黒くみえてしまう現象です。

対策
たるみ(目の下の脂肪)が原因なので、脂肪を摘出してしまえば、影になることなく黒クマは改善されます。
黒クマの場合は、なってしまうとセルフケアや一般の病院・皮膚科で治すことはできないです。

酷く飛び出てしまったたるみが気になる場合は、美容クリニックに行って治療してもらいましょう。

混合クマ
上記の3種のどれかが混合しているクマ。

スキンケアをあまり何も考えずに使用している人も多いですが、年齢とともに肌の組織も弱まってきます。
肌に刺激が少ないものに変えていく必要があります。

ご自身の年齢に合わせてスキンケアしてくださいね!

市販薬・グッズ

目周りはよく動く部分である上に、よく触る機会のある部分でもあるため、非常に乾燥しやすい部位です。

目の下のクマが酷いわけじゃないけど少し気になるって方や、そんなにお金かけずにケアしてみたいという方に
お家で簡単に使用できる市販のものをご紹介します。

エリクシール アイクリーム

ブランド名:ELIXIR
商品名:エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム S
価格:6,264円(税込)

ヒアルロン酸を生み出し、水分量を増やすことで柔軟な肌に導き、しわを改善する初めての薬用有効成分、
純粋レチノール配合。ハリを与えて保つ、コラーゲンGL配合。

引用:http://www.shiseido.co.jp/elixir/products/wrinklecream/

ポーラ アイクリーム

ブランド名:POLA
商品名:リンクルショット メディカル セラム
価格:14,580円(税込)

シワの原因を抑える有効成分「ニールワン」を配合した、日本初承認のシワを改善する薬用美容液。
さらに、有効成分を真皮に届ける「ニールワン真皮浸透処方」を開発。「好中球エラスターゼ」を抑え、シワを改善。

引用:https://net.pola.co.jp/beauty/products/closeup/wrinkle_shot/

エスケーツーアイクリーム

ブランド名:SK-Ⅱ
商品名:R.N.A.パワー アイ クリーム ラディカル ニュー エイジ
価格:11,000円(税抜)

SK-II独自のR.N.アーキテクト¹に加えて、クロレラエキスとパルミトイルペンタペプチド²を配合し、
目もとにハリを与えます。

引用:https://www.sk-ii.jp/ja/product-detail.aspx?name=rna-power-eye-cream

メイクで一時的にカバー

目の下のクマを隠すには、色が部分的に違うので普通のファンデーションだけではカバーが難しいです。
目の下に使用する化粧品は、部分的に隠せるコンシーラーを使います。

コンシーラーも沢山商品があるのでその中でも、オススメのコンシーラーをご紹介します。

色味は、クマのタイプ別に用意します。

・青クマ…オレンジ系
・茶クマ…イエロー系
・黒クマ…パール系・ベージュオークル系

サンローラン コンシーラー

ブランド名:イブ・サンローラン・ボーテ
商品名:ラディアントタッチ
価格:5,000円(税別)
色展開:全6色 2.5ml

10秒に1本売れ続けるスターアイテム
光を味方につけ、肌に透明感と立体感をもたらし
ひと筆で顔立ちを美しく演出する筆ペンタイプのマルチスポットハイライター。

引用:https://www.yslb.jp/?p_id=Y20005

ナーズ コンショーラー

ブランド名:NARS
商品名:ラディアントクリーミーコンシーラー

価格:3,672円(税込)
色展開:全6色 2.5ml

軽い質感なのにミディアムからフルまで調節可能なカバー力で肌のトーンをを均一に整えます。
うるおいをもたらすマルチアクションのスキンケアの働きと光拡散テクノロジーで、気になる部分をしっかりカバーし、
小じわやクマの目立たない、ソフトでなめらかな肌に仕上げます。

引用:http://www.narscosmetics.jp/radiant-creamy-concealer-1244/0607845012344.html

<セルフケア>

メリット
治療などに比べて費用が安い! ※個人差があります
家で出来る
ダウンタイムがなく、日常生活に支障がでない

デメリット
完全には改善しない
即効果が出ないのでつ、効果が続かなくなる人も多い
効果が出るとは限らない

<美容クリニック>

メリット
確実に治せる
セルフケアの終わりが見えないケアでお金をかけるよりも、効果の実感が期待できる治療の方が安くおさまる場合もある

デメリット
価格が安くはない ※個人の症状によってかかる費用が変わってくる
ダウンタイムがある

セルフケアで目の下のクマの改善を選択した場合、どのくらいお金をかけいつ改善するのかという明確な答えは分かりません。セルフケアで一番大切なのは根気強く続けられるということです。

続けるというのは簡単そうに見えて意外と難しく、続かない人が多いです。
そして目元のケア商品は、決して安いものでもないのでセルフケアを続けるには、お金と時間がかかります。

一時的な対処法ではなく、できれば根本的に目の下のクマを治したいですよね。

根本的に治してしまえば、化粧で隠す必要もなく、初期費用は高くなってしまいますが無駄にかかってしまう費用もおさえられます。

治療というとためらう人が多いかもしれませんが、これを見れば少しは考え方が変わるかもしれません。

セルフケアと比較検討しながら参考にしてみてください。

美容クリニックでのクマ治療

効果が長く続く目の下のクマの整形法には、「脱脂術」「レーザー治療」「ハムラ法」などがあります。

脱脂術やハムラ法は、脂肪自体を取り除くか、目の下の脂肪を移動させる手術法であるため、その効果はほぼ半永久的に続くので余計な費用もおさえられます。効果も即実感していただけます。

レーザー治療は、そのレーザー治療器の種類にもよりますが、照射して得た効果は長期に渡って持続します。
見た目の効果もセルフケアとは違ってこちらも早く効果が分かるでしょう。

◆ダウンタイム◆
ダウンタイム:治療をすることにより、腫れや内出血がでてしまう期間のことを指します。症状は個人差があります。日常生活に支障がでてしまう場合があるので、カウンセリングの際に医師と相談しながら治療法を選びましょう。

アグネス翌日~2週間
ウルセラダウンタイムなし
タイタンダウンタイムなし
ジェネシスダウンタイムなし

下眼瞼脱脂術(経結膜法):1~2週間
下眼瞼除皺術:
2週間

下眼瞼脱脂・除皺術:2週間
ハムラ法2週間

麻酔を使用して治療をする施術は、主に「脱脂術」「レーザー治療」「ハムラ法」などです。

◆麻酔◆

痛みを軽減する役割を持つ麻酔ですが、多ければ良いというわけではありません。
麻酔の量が多ければ多いほど施術後の腫れが激しくなりますので、適量で行います。

目の下のクマ治療で用いられる麻酔は、主に「局所麻酔」「表面麻酔」です。

局所麻酔自体が痛みを伴う場合があるので、クリニックによって「静脈麻酔」や「笑気麻酔」使用することもあります。
クリニック選びの際にどの麻酔を使用するのか、など知っておくといいでしょう。

◆相場価格◆

ジェネシス:1回 3万~5万
ウルセラ:
7~15万前後
タイタン:55,000~6万
アグネス:98,000~16万

脱脂術:20~40万前後
ハムラ法:30~50万

オススメのクリニック 【東京イセアクリニック (銀座)】

 

東京イセアクリニックでは
症状別に治療方法をご提案しております

実績・症例経験豊富な名医が
あなたのご希望に応えます

東京イセアクリニックでは、切らずにトライプラン(メスを一切入れない)、外科手術をご用意しております。

4つのレーザー機器(アグネス・ウルセラ・タイタン・ジュネシス)や、超音波機器を用いて、皮膚の異なる深さに対して徹底的にアプローチ。切らずに目の下のクマ・たるみの症状を治すことができる最高峰の治療プログラムです。

アグネス 専用の針を目の下のふくらみ(眼下脂肪)に刺入し、針先から高周波(RF)を出力することで脂肪を焼灼し、蒸散・縮小させる治療
ウルセラ 超音波エネルギーが皮膚深層の筋膜まで届き、組織がギュッと収縮することリフトアップされ、たるみやシワを改善する治療
タイタン 真皮上層から中層にかけて近赤外線エネルギーを出力することによって、コラーゲンを産生させしわやたるみを改善する治療
ジュネシス 角質層から真皮上層にヤグレーザーを出力することによって、皮膚の浅い部分のコラーゲンを産生させ皮膚表面が引き締まる治療

茶クマ改善治療プラン

ジェネシス3回+ハイドロキノン処方 ¥97,200(税込)

ジェネシス:皮膚上部の角質層に作用するレーザーピーリング効果で、くすみを改善し肌のトーンを上げることができる
ハイドロキノン処方:肌を白くする成分が含まれている塗り薬で、患部に塗布することでくすみ改善効果が期待できる

青クマ改善治療プラン

ジェネシス3回+ハイドロキノン処方 ¥97,200(税込)

ジェネシス:患部を温め血行を促進する作用に加え、皮膚の真皮上部のコラーゲンが増殖し皮膚表面が引き締まる事が期待される
ハイドロキノン処方:肌を白くする成分が含まれている塗り薬で、患部に塗布することでくすみ改善効果が期待できる

黒クマ改善治療プラン

アグネス3回+タイタン1回+ジェネシス1回 ¥198,000(税込) 

アグネス:眼窩脂肪の膨らみの脂肪を焼灼・蒸散することで改善することが期待できる
タイタン+ジェネシス:皮膚の真皮深層から表皮まで異なる層にアプローチを行います

※これらの治療法は、メスを一切入れない切らない治療です。

黒クマに関しては、出てきてしまった脂肪が邪魔しているので、眼窩脂肪をなくす必要があります。
切らずにトライプランの他に、完全に改善したい方には外科手術をお勧めしております。

外科手術

東京イセアクリニックでは外科手術を得意とする名医の吉種院長が行うので安心して手術を行うことができます。

下眼瞼脱脂術(経結膜法) ¥270,000(税込) 安心の再手術保証付

症状の原因である、突出している眼窩脂肪を外科手術で摘出して改善する方法
目の結膜部分(アッカンベーをした時に見える結膜部分)を切開し、眼窩脂肪を摘出する処置

目の裏側を切開し、突出した脂肪を取りだす。
見える箇所には一切傷跡が残らず、見た目は全く分からないほど自然に仕上がります

他の施術方法もございます。ご自身の症状に合わせてご選択ください。

下眼瞼除皺術 下まぶたのすぐ下を切開し、余っている皮膚を切除する
下眼瞼脱脂・除皺術 下まぶたのすぐ下を切開し、膨らみの原因となる脂肪を取り除き、余っている皮膚を切除する
ハムラ法 下まぶたのすぐ下を切開し、余った皮膚を切除、膨らみの原因となる脂肪を頬上部の凹み部分に移動して平らにならす

詳しくはこちらのサイトをご覧ください≫

東京イセアクリニック 銀座院

住所:東京都中央区銀座6-2-3 Daiwa銀座アネックス3F
アクセス:銀座駅「C2出口」より徒歩2分
電話:0120-963-866
診療時間:11:00~20:00

公式HP:http://www.tokyoisea.com/undereye/

まとめ

いかがでしたでしょうか?

目元の皮膚はとても薄く、間違ったセルフケアをするとかえってダメージを与えることになってしまい、逆効果になってしまう恐れもあるので注意が必要です。

ご自身の目の下のクマの種類や症状に応じてしっかりケアを行い、悪化しないように日頃の対策も大切です。

満足のいく仕上がりを目指している方には、クリニックへカウンセリングに行くことをお勧めしております。

健康的で若々しい表情を手に入れましょう!

 


関連記事