2018.01.10
  • メイク

脱・のっぺり眉!強弱で作る今っぽい眉とおすすめのアイブロウまとめ

細くて吊り上がっている眉毛が人気だった時代もありましたが、最近の眉毛のトレンドは違います。石原さとみさんのような、ちょっと太めの眉毛が人気で、美に敏感な女子達も真似をしています。

そこで、今回は最初から最後まで「眉毛」について徹底解説!
眉毛を上手に描くポイントや、今トレンドの眉毛の形をチェックしていきましょう。

トレンド眉毛はこれだ!

 

2018年も引き続き「太めの眉毛」がトレンドです。
眉山なしのストレート眉毛が流行った時代もありますが、最近は石原さとみさんのように、アーチにするのが主流となっています。
眉頭~眉山にかけては太くかき上げて、眉尻は少し細めにしていきます。このように、眉毛に強弱をつけていくのがポイントとなります。
眉頭・眉山・眉中・眉尻を描く時には、それぞれの太さを変えていくようにしましょう。
眉頭と眉山は同じ太さで、眉中は少し控えめに、そして眉尻を一番細く描き上げていきましょう。眉毛に強弱をつけることで、表情にもアクセントがプラスされます。
平坦な眉毛が流行る時代はもう終わりました!これからは、強弱のある太め眉毛がトレンドとなるでしょう。

眉毛を上手に仕上げる方法

眉毛を上手に描くためには、コツがあります。ぜひ、知っておいてくださいね。

コツ1.大きめの鏡を使うべし

眉毛は顔の印象を決める、大事な部位です。右と左の眉毛のバランスを見て、整えながら描いていくためにも、小さな鏡の使用は止めましょう。眉毛が曲がっていたり、左右非対称の場合は顔のバランスも崩れてしまいますので、大きな鏡を使ってくださいね。

コツ2.眉毛の基本的なお手入れをしよう

ボサボサの眉毛にアイブロウを塗っても、ボサボサのままです。ですから、アイブロウでメイクをする前に、きちんと長さやムダ毛を整えましょう。

コツ3.アイブロウの色は、髪の毛と瞳の色の真ん中の色

アイブロウの色が髪の毛や瞳の色と違いすぎると、違和感を覚えます。メイクはトータルで考えていくので、色合いにも気を遣いましょう。

こうやってトレンド眉毛を描いて行こう

「イマ風のトレンド眉毛を描きたい」「流行の眉毛を描いて、トレンド顔になるにはどうすればいいの?」という女性も多いはずです。
そこで、トレンド眉毛の描き方を詳しくご紹介します。

1.まずは、上側のラインを引く

まずは、眉毛の上側のラインを描いていきます。
はじめに眉山を作らずに平行に描き、眉尻は顔を斜めにして少し下げ気味に描いていきます。

2.下側のラインを引く

眉の下側のラインも、同様に描いていきます。
下側のラインも平行に引いていき、上と下のラインをつなげてください。

3.ラインが完成したら、パウダーで隙間を埋めていく

アイブロウパウダーでラインの間を埋めていきます。一度ブラシに付けたパウダーは、ティッシュオフして、余分なパウダーをはたきましょう。

4.グラデーション必須

アイブロウパウダーを使う場合は、眉頭を薄く。そして、眉尻に行くにつれて濃くなるように描いてください。これが、眉毛を描くときの強弱です。
全ての隙間を埋めれば、完成となります。

これが、ぜひ試して欲しい眉毛の描き方です。眉毛を描く前に、事前にどのような眉毛にしたいのかをイメージしておきましょう。

2018年も人気!おすすめのアイブロウをご紹介

2017年も人気だったけれども、引き続き2018年もおすすめのアイブロウをご紹介します。
やはり描き心地が良いアイブロウが一番ですから、口コミで描き心地の良いものばかりを選びました。ぜひ、参考にしてください。

ハード フォーミュラ アイブロウペンシル

眉毛を描くのに最適な固さが評判のアイブロウペンシルです。カラーバリエーションが豊富なので、髪色に合わせてアレンジできるのも、魅力的なポイントとなっています。

>>購入はこちら

 

インテグレード ビューティートリックアイブロウ

アイブロウ&ノーズシャドーハイライトカラーがセットになっている商品です。
仕上がりが持続するので、メイク崩れを気にすることはありません。
プチプラコスメな上に、使い勝手が良いので、リピーターが続出しています。

>>購入はこちら

バラシングアイブロウ

ノーズシャドウとアイブロウのパレットです。
眉に自然と溶けこんでくれるので、トレンドの太め眉毛も簡単に描くこともできます。

>>購入はこちら

デザイ二ングアイブロウ3D

立体的な眉毛を描けるおすすめのアイブロウです。眉尻までしっかり描き上げられるブラシ付きなので、これさえあればステキな眉毛が仕上がります。

>>購入はこちら

ラスティングデザインアイブロウ

 

自然なアーチ型の眉毛を滑らかに描き上げられる、アイブロウです。
ペンシル2種類とうす付きのリキッドタイプに分かれているので、お好きな方を選んでお試しくださいね。

>>購入はこちら

 

2018年は最先端の眉毛で過ごそう♥

いかがでしたか?今回は「眉毛」について、最初から最後までお送りしました。

トレンドは、太めの眉毛です。眉毛を描くときには、眉頭・眉山・眉中・眉尻など、それぞれの部位を意識して、アーチ状の眉毛をイメージしてくださいね。
眉毛が、細ければよいという時代は終わりです。きちんと整えられた太めの眉毛は、顔の印象をハッキリさせてくれるので、ぜひお試しになってください。


関連記事