2017.09.22
  • スキンケア

家から出ない休日でもお肌を守るためにしておくべき最低限のスキンケア

休日に自宅だけで過ごす日はすっぴんという人も多いでしょう。もちろん、誰にも合う予定のない日はすっぴんでも全く問題ないのですが…お肌の状態を守るためにも最低限のスキンケアはしておく必要 があります。

ここでは、自宅にいるときでもやっておきたいスキンケアをご紹介します。

きれいなメイクの前提は、日ごろからのスキンケア

メイクとスキンケアを別物と考えてはいけません。メイクをきれいにするためには、ベースとなる健康的なお肌が前提。ざらざらに荒れたお肌に、化粧はしっかりと乗りませんよね?
だからこそ、休日に自宅で一人で過ごす日でも、スキンケアだけはしっかりとやっておきたいもの。
屋根の下にいても紫外線は入ってきます。秋や冬は部屋の中でも乾燥します。一日過ごせば、角質や脂なども浮いてきます。
休日でもしっかりとスキンケアをしてくださいね。

 

休日スキンケアその1<洗顔>

休日だからといって、つい洗顔をさぼったりしていませんか?たとえ外に出ていなくても、顔の表面にはホコリや皮脂などがたまっています。メイクの有無にかかわらず、洗顔はしっかり行いましょう。

 

休日スキンケアその2<保湿>

湿気のある季節は化粧水だけでも構いませんが、これからの時期、秋や冬など乾燥する季節は、化粧水以外にも乳液や美容液、クリームなど、普段メイクをしているときと同じ要領で保湿対策をしておきましょう。乾燥肌ぎみの人は、クリームをしっかりと塗ってください。

 

休日のスキンケアその3<日焼け止め>

保湿が終わったら、かならず日焼け止めをしましょう。10~30SPFの日焼止め、またはホホバオイルで日焼け防止などを行なうと良いですね。

ちなみに、日焼け止めに表示されている「SPF」とは紫外線の遮断効果を示す数値。数値が大きくなればなるほど、紫外線カットの力も大きくなります。長く外出する日は50SPF以上の日焼け止めをおすすめしますが、終日室内で過ごすのであれば10~30SPFで良いでしょう。日焼け止めは、時間とともに効果がなくなっていきます。こまめに塗り直すことがポイントです。

また、ホホバオイルには紫外線をカットする効果はないものの、抗酸化作用が高いことから、メラニンの色素沈着を防ぐ働きがあると言われています。シワや吹き出物対策にもなるので一石二鳥、三鳥です。

 

休日のスキンケアその4<汚れ・埃から肌を守る>

埃や汚れ、花粉などの外敵からお肌を守るためには、ベビーパウダーが効果大です。ベビーパウダーの粒子は非常に小さいため、お肌に塗ると薄い保護膜として働きます。
家の中にいても、目に見えないお肌の外敵はたくさん。赤ちゃんんも使える低刺激なベビーパウダーを、ぜひ大人も利用してみてください。

 

休日のスキンケアその5<マッサージ>

血行が悪くなるとお肌に必要な酸素や栄養素が足りなくなってしまうため、肌のキメが乱れたり、肌の色がくすんでしまったります。血行を改善させるためには、マッサージが効果的です。心地よい程度の力で、肌の上を滑らせるようにマッサージしてください。

 

体の内部からのスキンケアも大事

洗顔や保湿、日焼け止めなど、お肌に直接おこなうスキンケアはもちろん大事。でも、体の内部からおこなうスキンケアも忘れないようにしてください。便秘ぎみのときや寝不足のときなど、肌の調子が悪くなる経験、ありますよね?人は体の内部を原因にしてお肌にダメージを与えることもあるのです。

休日だからといって乱れた一日を過ごすことは、お肌の健康を考えれば、良いことではありません。バランスの取れた食事や十分な睡眠も忘れずに、大切な休日、しっかりとお肌を守ってあげてくださいね。


関連記事