2017.06.06
  • メイク

夏はやっぱりラメがかわいい!グリッター使いの達人になろう


 
夏になり気温の上昇とともに、不思議とテンションもアップしてきませんか?
 
不思議と開放的な気分になって、いつもよりメイクを少し派手にしたり、露出度の高いファッションを楽しむ人も多いでしょう。
 
そこで、夏メイクの魅力をアップさせるためにオススメするのが【グリッター】です。今回は、さまざまなシーンでの【ラメグリッターの活用法】をご紹介していきます。

グリッターってなに?


ネイル用語でよく聞かれるグリッターとは、細かなラメの粒のことです。ネイルカラーやパウダーに初めから入っている場合もありますし、そのまま売られている商品もあります。
 
グリッターはネイルだけではなく、アイメイク・ボディメイク・ヘアメイクのすべてに使うことができる、優れものだとご存知でしたか?いったいどのような活用法ができるのでしょうか。

夏のイベントで目立ちたいっ!

定番だけど可愛い!キラキラ夏ネイル


夏のオシャレは、指先から始めましょう。顔の次によく見るのが、指先だと言われていますので、やはり女子にとってネイルは欠かせません。
 
夏は音楽フェスやお祭り、イベントなどが多くなる季節なので、指先からテンションを上げるためにも派手めのキラキラネイルをオススメします。
 
グリッター入りのネイルカラーを塗るのが一番簡単なのですが、グリッターパウダーそのものをネイルにデコレーションする方法も、自由に遊ぶことができて楽しいですよ。
 
水着など露出度の高い服を着るときに、何もしていない指先だとちょっと物足りない・・・。
そんな時には、グリッターでキラキラネイルに仕上げて、オシャレ度をアップさせましょう。

野外フェスは大粒グリッターでワンポイントメイク!


野外フェスティバルが始まる夏。普段とは違った開放的な環境の中で音楽を楽しむことができるとあって、多くの若者たちが参加しています。
 
野外フェスの際には、普段は出来ないような、印象的で派手なメイクをする方がとても多いです。そこでオススメするのが【大粒のグリッターを使った派手メイク】です。
 
メイクの仕上げとして、目の下や目の横に大粒のグリッターをちょこんとのせるだけで、フェスメイクの完成です。アイシャドウの色とグリッターの色を合わせてメイクすれば、まとまった印象を与えるメイクに仕上がります。


 
さらに上級者となると、髪の毛や、髪の生え際にラメをワックスでつけるなんていう方法も。
 
だいぶ目立つのと、落とすのが大変なのでその点だけお気を付け下さいね。

デートの時にもグリッターメイク☆色気倍増大作戦

鎖骨やうなじにちょこっと!


意中の男性や恋人とのデートに、いつも同じメイク・ファッションで出かけていませんか?
 
もちろんあなたの身なりなど関係なしに好きだと言ってくれる男性も素敵ですが、男性は常にドキドキしていたい生き物です。そこで、グリッターを使って色気をアップさせてみませんか?
 
ポイントは、鎖骨やうなじなど女性らしいラインを感じることができる部位に、しつこくない程度にグリッターを塗ることです。
 
光が当たったり、動くたびにキラキラと輝く素肌は、何とも言えない色気を感じさせます。
 
ラメは細かいものが良いでしょう。粒の大きいラメだとフェスメイクになってしまいます。
 
露出度が高くなる夏こそ、素肌の美しさが注目されますので、ぜひグリッターを使って自慢の魅惑肌に仕上げていきましょう。

思わずドキドキ。さりげない耳へのグリッター


長い髪の女性が、おもむろに髪の毛をかき上げる仕草は本当に色っぽいですよね。何気に男性が注目している仕草だったりもします。
 
そこでオススメするのが、耳の周辺に薄めのグリッターをつけるテクニックです。
 
かき上げた髪の毛の隙間から、キラキラとした素肌が見えるなんて、何とも女子力が高いメイクテクニックですよね。
 
このようなさりげないオシャレは、男性だけではなく女性からの支持も高いので、ぜひお試しになってみてはいかがでしょうか。

グリッターは手軽にゲット出来る

出来るだけ色々なカラーを試してみたいと思うのが、乙女心です。
 
グリッターの口コミ評価を見ていると、結構人気なのは100円均一のグリッターです。
 
使い勝手が良い上に、お値段が安いと人気が高まっているのです。気分や服装に合わせて、グリッターカラーも自由にアレンジして、オシャレを楽しむのも良いですね。

 
いかがでしたか?今回は、便利なメイクアイテムである【グリッター】についてお話しました。ネイル・首元・耳まわり・髪の毛などさまざまな使い方ができます。
 
夏になり開放的な気持ちで過ごすことも多くなるでしょうから、メイクももっと開放的に自由に楽しんでみましょう。


関連記事