2017.12.29
  • ボディケア

漬物の美容効果がすごい!?体の中からキレイになる!

漬物を食べていますか?身体に良いということは、何となくご存知の方も多いでしょう。でも、漬物が驚くほどの美容&健康効果を持っているとまでは、想像できないですよね…?!

そこで今回は、食べて美味しく、体の中から美しくなれる「漬物」についてご紹介します。
体の不調別に、いったいどのような食材を付け込めばよいのかを、まとめてみました。あなたの漬物ライフをもっと充実させましょう!

漬物は栄養バッチリの食べ物


漬物は、わき役の印象が強い食べ物かもしれません。定食を頼むと小皿に盛りつけられている、お弁当のおかずの下に埋もれている、箸休め的な存在であり、あまり目立った印象はありません。

しかしながら、漬物は栄養価がバッチリの食べ物であることは、間違いありません。加熱調理などをする必要もないので、野菜本来の栄養素・食感・味わいをそのままに堪能できますし、発酵が加われば乳酸菌やミネラル、ビタミンが増える魅力的な食べ物なのです。もはや、脇役のポジションにしておくのが勿体ないくらいですよね。

体の不調別。おすすめの漬物はこれだ!

風邪を引いた時には、生姜を食べると良い。肌荒れ予防のためには、アボカドを食べると良いなど、私達は体の調子によって口にする食材を選んでいるはずです。
そこで今回は、体調別に選ぶべき「食材」をご紹介していきます。
ぜひ、参考にしてください。

疲れが溜まってどうしようもない!元気が出る漬物

市販の栄養ドリンクにはカフェインがたくさん含まれているので、飲みすぎると体には大きな負荷がかかります。妊娠中や授乳中の女性も、摂取を控えるべき飲み物です。

そこでおすすめするのが、疲労回復効果の高い「ニンニク漬け」「梅干し」です。なんと言っても相性が良いのが、ホカホカご飯!どちらも独特な香りと味がする食べ物なので、シンプルな白米が一番合うというわけです。
夏バテ時の昼食や残業時の夜食として、ぜひ梅干しのおにぎりはいかがでしょうか。帰宅後に明日へのパワーを蓄えたいという日には、ニンニク漬けをおつまみにしてもよいですね。

便秘解消には、京都の伝統的なすぐき漬けがいい

京都では、とてもメジャーなすぐき漬け大根のような京野菜を漬けたもので、冬の期間しか食べられないことから、希少価値が高い漬物として有名です。

さて、このすぐき漬けの最大の特徴は「乳酸菌」です。乳酸菌といえば、ヨーグルトのイメージが強いですが、すぐき漬けには「ラブレ菌」と呼ばれる植物性の乳酸菌が豊富に含まれているのです。植物性の乳酸菌は胃酸などに分解されにくく、胃腸まで届きやすいという性質があるので、すぐき漬けは美味しく食べる整腸剤と言えるでしょう。

スーパーで簡単に手に入るものではないので、インターネットショッピングで購入される方が多いようです。便秘が解消されれば、デトックス効果が高まり、肌の調子にも良い影響を与えます。

風邪に打ち勝つ!免疫力アップにきのこ漬け

寒い冬の季節の足音が聞こえてくると、風邪が流行しはじめます。風邪を引いた時には薬を飲んで対処しますが、あくまでも予防のために薬を飲む人はいないでしょう。そこで、風邪予防のために「きのこ漬け」を食べましょう。作り方は、とても簡単です。
下茹でしたきのこを、お好みの調味料に漬け込むだけでOK!

・しょうゆ・酒・砂糖を混ぜて、一度沸騰させた汁に漬け込む、きのこのしょうゆ漬け
・オリーブオイルにニンニクを加えて、下茹でしたきのこを漬けこむ、きのこのオイル漬け

きのこの漬物は、そのまま食べるよりも、ごはんに混ぜて味付けごはんにしたり、パスタと和えてペペロンチーノ風にしたりと色んな味わいを楽しめます。

ダイエットに効果的。サクサク長芋の漬物

美味しく食べて、痩せたいという人におすすめするのが、長芋の漬物です。
ネバネバのイメージが強い長いもですが、お漬物にするとサクサク食感を楽しむことができます。長芋には、脂肪燃焼効果が期待できる「アルギニン」が含まれています。
成長ホルモンの合成が促進されて、脂肪燃焼が促進されるので、ダイエットにも何らかの効果が期待できるというわけです。
ダイエット中は何かと口寂しくなるものですから、サクサクとした長芋の漬物を食べて、食欲を紛らわすのも方法の1つです。

キムチも忘れてはいけない!ダイエットに最適

ダイエットに最適なお漬物と言ったら、キムチを忘れてはいけません。
キムチは低カロリーですし、脂肪燃焼効果や代謝促進が期待できるトウガラシの粉末が、たっぷりと含まれています。
食べると体がポカポカしてきて発汗作用も期待できるので、キムチ鍋豚キムチなど料理に活用していきましょう。

キムチは食物繊維や乳酸菌も豊富なので、便秘がちな人にはおすすめです。

漬物を毎日の食卓に取り入れよう

いかがでしたか?今回は「体調別。おすすめの漬物」についてお話しました。
漬物は決して脇役ではありません。体調に合わせて食べる漬物を選んでいくことで、美味しく食べて健康&美容効果を手に入れることができます。
ぜひ、毎日の食卓に漬物を取り入れていきましょう。


関連記事